C-FREX

Long leg brace

  • C-FREXは下半身に障害をかかえた方が下半身のリハビリをする際に使用する長下肢装具です。
  • 長下肢装具は松葉杖を使って体を支えながら、上半身の重心移動の力を足を前に蹴り出す力に変えます。下半身を能動的に動かすことのできない方でも足を動かして下半身の筋肉を衰えさせることなく、歩くリハビリをすることができます。
  • 足を前に出すのはフレームの構造によるものですが、より自然な動きで力を伝えるためにC-FREXでは上部でしなやかなカーボン素材をメインで使用しています。
  • カーボンの素材特性を活かすことができるようデザインはアーチェリーの弓を参考にして作っています。
  • また、C-FREXの特徴的なコンセプトとして、「車椅子コンバーチブル」があります。C-FREXはメインフレームの膝を曲げて、専用の車椅子ユニットに接続すれば、そのまま車椅子として使用することができます。
  • ユーザーはC-FREXに乗って病院に行き、C-FREXを使ってリハビリをして、C-FREXに乗って買い物をして帰る。そんな日常の中に組み込める装具を目指して開発中です。

AWARD

  • JEC INNOVATION AWARD 2016 WINNER

Partner

  • Noritake Kawashima, Research Institute of NRCD
  • Uchida Co., Ltd.
  • Daiya Industry Co., Ltd.
  • Ken Endo, Sony CSL