CYBER WHEEL X

VR track racer

  • VRゴーグルを装着し、3DCGで再現した未来の渋谷・新宿・浅草などの東京の名所を駆け抜け、車椅子レーサーのライダーになる体験ができるコンテンツです。
  • 2017年に1→10driveの制作したCYBER WHEEL 1からスタートしたこのプロジェクトのアップデート版となるCYBER WHEEL XはfuRoの協力により左右のハンドリムの操作でカーブを曲がる、坂道でトルクが増す等の体感向上設計が実現しました。これによって車椅子レースの臨場感をより高めています。
  • また、RDSの車椅子開発技術を活かし、プロ車椅子レーサーがVR上で実戦に近い戦いができるトレーニングマシンとしても使用することができます。
  • RDSが作り出す、パラリンピックトラック競技金メダリストの伊藤智也選手の競技用マシンデザインにも弊社は参画していますが、そのマシンのDNAをCYBER WHEEL Xには落とし込んでいます。
  • また、力の伝達をLEDで表現し、マシンが設置される場全体の雰囲気を作り出す存在感とユーザーの体験価値が向上することを意識してデザインしています。
  • そしてCYBER WHEEL Xは車椅子の概念を超えた新しいモビリティとしてのデザインで、RDSの目指す福祉の未来を表現したプロダクトです。
  • (誰でも体験することができるので、設置予定のイベント等に関しては随時blogの方でアップするので興味のある方はぜひチェックして下さい)
  • RDS
  • 1→10 drive
  • fuRo